福岡の隠れたオーガニックティー「新川製茶」

NITCHA でバリスタを勤めます、倉橋です。


私は人生で初めて九州に行って来ました。


今回お茶農家さんを巡る旅は福岡、熊本、鹿児島と回りました。

まず最初は福岡県うきはの「新川製茶」さんです。


うきは市は大分県との県境に位置しており、耳納連山の豊かな緑と筑後川の清らかな水に囲まれた自然豊かな地域です。



うきはの中でも一つ外れた地域に位置するのが

新川製茶さんです。

今回は3代目園主の樋口 勇八郎さんにご案内して頂きました。


まず、茶園の特徴はオーガニックである事です。

両親の体調不良をきっかけに40年も前から始めたとのこと。

当時は辺りでやっている農家もなく、周りからは「やめたほうがいい」などの声もあったそう。

やってみたら茶園が害虫被害に遭い散々な状態に。

やっと出来たお茶は、見かけが悪く市場に出したら安価でしか取引されませんでした。

それでも諦めずに高品質を維持する為に草むしりや日々の手作業での管理を怠らなかったおかげで今はとても価値のあるお茶へと生まれ変わりました。

それこそ、周りからも尊敬の目を向けられる位素晴らしい茶園に。


ご案内して頂いた茶畑は、お米など育てていたところなどを自ら開墾し、棚田に広がる

茶畑でした。


「お茶農家はお茶つくるだけじゃないよ」と樋口さん。

自分で重機を動かして茶畑を作ってるなんて、お茶を買って飲んでただけの時の自分には想像出来なかったと思います。


現地に行ってお茶ができる姿を見る事で絶え間ない努力の積み重ねでお茶が出来ているのだと改めて感じさせられます。


福岡のうきはもとても素敵な空気を感じられてまたゆっくり観光にも行きたいと思いました。みなさんもぜひうきは に行った際は新川製茶さんへ訪れてみて下さい。



NIHONCHASTAND 「NITCHA」

「農家さんに逢いたくなるお茶」 お茶と人の繋ぎ手。 日本茶ディレクターの倉橋が日本各地の農家さんに逢いに行き お茶を通して、農家さんの思いとともにお茶を提供いたします。 『出張型日本茶スタンド』...イベントの企画、出店、企業へのケータリング&ワークショップ 『茶葉の販売』...イベント、ネットなど

0コメント

  • 1000 / 1000