雪降る八女のオーガニックティー「千代乃園」

NITCHAのバリスタ倉橋です。


九州茶園巡り

福岡最後の農家さんは、福岡県八女市矢部村の「千代乃園」さんです。

八女の主産地からは離れていて、急斜面も多い標高600mを超えるところに茶畑はあります。

標高がが高く気温も低いため雪が積もり、通常の産地よりも遅く、収穫量も少ないです。


その山間地を利用して、

・気温が低い=害虫が少ない

・周りからの影響が少ない

・じっくり育った旨味

これらを活かしたことでオーガニックのお茶作りを特徴としています。


今回3代目の原島政司さんがご不在で、奥様の原島江里(生産者/茶育指導士)さんと原島さんの娘さんにご案内して頂きました。

畑近くのお茶が出来るよう小屋があり自然な空気を感じつつ頂いたお茶はとても癒やされました。

いつも農家さんのところに訪れて

作った方が目の前で淹れてくれる、こんな贅沢はここでしか味わえない体験ですね。

日も暮れて夜の静けさを感じながらもお二人の気持ちの温かさとともに頂いたお茶また心惹かれました。

(収穫風景が撮れなかったので引用させていただきました)



ジブリのような小道を入った先にお茶畑があります。

オーガニックのお茶にさらに山間部で育った旨味、様々な品種まで楽しめるのは珍しく千代乃園さんへぜひ訪れて楽しんでほしいです。

NIHONCHASTAND 「NITCHA」

「農家さんに逢いたくなるお茶」 お茶と人の繋ぎ手。 日本茶ディレクターの倉橋が日本各地の農家さんに逢いに行き お茶を通して、農家さんの思いとともにお茶を提供いたします。 『出張型日本茶スタンド』...イベントの企画、出店、企業へのケータリング&ワークショップ 『茶葉の販売』...イベント、ネットなど

0コメント

  • 1000 / 1000